いよいよ参議院選挙突入です

10参院選:24日公示 予想される顔ぶれと情勢 比例代表
◇「風頼み」脱却図る民主/自民、危機感/強気、みんな

<与党>
首相交代で政党支持率が回復した民主は07年の20議席を超える獲得議席を目標に据える。改選数2以上の選挙区での複数候補擁立が「競い合いを生んで比例票の上積みにつながる」(選対幹部)と計算する。「風頼み」から脱却しようと自民支持層の取り込みを進め、日本歯科医師連盟が自民からの新人擁立を撤回して民主支援を決めるなど徐々に浸透。前回は2人だったスポーツ・タレント系新人を今回は5人擁立。谷氏らに大量得票の期待をかける。

国民新は外国人への地方選挙権付与や夫婦別姓に反対を打ち出し全国郵便局長会以外の保守層への浸透により2~3議席を目指す。

<野党>
野党転落で業界・団体の離反が進む自民は「組織戦」から「個人戦」に重点を移しつつある。日本遺族会など有力支持団体を持つ候補は7人で全体の2割。このうち日本医師会や日本看護協会は候補との距離を広げており、党幹部は「『団体頼み』は通用しない」と危機感を強める。昨年落選した前衆院議員や地方議員出身者を14人擁立し特定地域での集票を図るものの、04年参院選で約72万票を獲得した竹中平蔵元総務相のような「目玉候補」は見当たらない。

公明は昨年の衆院選で落選した太田昭宏前代表の参院選転身を見送るなど、候補者の世代交代を重視する。07年参院選、09年衆院選と連敗した党勢を立て直すため、改選8議席の維持を目指す。

共産は「650万票以上、5議席の絶対確保」を掲げ、01年から3回続けて400万票台にとどまった低迷からの反転を期す。

社民は福島党首ら3議席の獲得が目標。米軍普天間飛行場移設問題を巡る連立政権離脱の評価が焦点だ。

新党改革とたちあがれ日本は、自民の公認から漏れた前議員を取り込むなど候補者確保に腐心している。

みんなの党は「選挙区、比例代表合わせて20議席獲得」を目指し、強気の候補者擁立を進めている。

諸派では、幸福実現党や女性党のほか、地方政界出身者らでつくる日本創新党が候補を擁立する。

【毎日jp】



国会も終わり、いよいよ参議院選挙突入です。
by kura0412 | 2010-06-17 08:56 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30