外科手技のコンテスト

外科手術の傷あときれいに 阪大、若手医師コンテスト

大阪大病院の消化器外科が若手外科医を対象に、手術の傷あとが目立ちにくい「真皮縫合」と呼ばれる技術のレベルアップを進めている。
このほど大阪市内でコンテストを開催し、関西の病院の医師約50人が参加した。

伊藤寿記(いとう・としのり)教授らによると、真皮縫合は体内で溶ける糸を使うため抜糸が不要で傷あとが残りにくく、手術後の感染や化膿(かのう)の恐れも低くなるという。従来は、美容目的などの形成外科分野で広く用いられてきた。
コンテストでは、約10センチの傷が付いたブタの皮膚を制限時間内に医師がきれいに縫う技術を競った。医師3~4人ごとに阪大教授らが審査員となり、1人ずつ講評。
4月の本選で、関西労災病院(兵庫県尼崎市)の男性医師と近畿中央病院(同県伊丹市)の女性医師が優勝者に選ばれた。
伊藤教授は「手術後の満足度を高めるとともに、外科医不足が問題になる中で、指導医から評価されることによって若手外科医の意欲向上にもつなげたい」と話している。

【共同通信】



歯科もこうゆうコンテストを、卒前後に積極的に取り入れれば、また国家試験の合格率だけでなく、各大学のカラーが打ち出せると思うのですが。そして歯科は、どんな形でも実技試験は復活すべきです。
Commented by モバゲー at 2010-10-10 18:31 x
モバゲーを使って恋人を探そう!ゲームを知らなくてもすぐに恋人ができるんです
by kura0412 | 2010-05-08 12:04 | 歯科 | Comments(1)