財政的な裏ずけのあるマニフェスト

「財政的に無責任と非難浴びるものだといけない」-民主党マニフェストで中野氏

夏の参院選マニフェストで社会保障制度を担当する民主党の「国民生活研究会」(中野寛成会長)は5月6日に総会を開き、下部組織の分科会から提出されたマニフェスト素案を財源面から検証し、党マニフェスト企画委員会に提出する最終案の取りまとめに向けた議論を行った。会合の冒頭にあいさつした中野会長は、「マニフェストは国民の皆さんが民主党の方がいいと言って選んでいただく施策を並べなければいけないが、財政的に『無責任だ』と非難を浴びるものだといけない」と述べた。

同研究会の第一分科会は既に、医療・介護分野のマニフェスト素案を提出している。素案には、▽医療提供体制の整備▽介護労働者の処遇改善▽介護家族支援対策―などが盛り込まれた。医療提供体制を整備するためには、医師養成数の拡充で増えた医師が地域医療を担えるような仕組みづくりが必要だと強調し、医師数をOECD(経済協力開発機構)並みに増やすのに必要な期間は10年間を想定するなどと具体的な目標も明記した。
  
マニフェスト最終案の取りまとめでは政府側から、財源に配慮した議論が求められている。これについて同研究会の平野達男事務局長は総会後の記者会見で、「政府の財政健全化計画にも提案していく。成長戦略や社会保障制度改革を一体的にやるべきだという項目も入れている」と述べた。
同研究会は7日も議論を続け、党マニフェスト企画委員会に提出する最終案をまとめる予定だ。

【キャリアブレイン 】



バラマキと非難されている民主党の政策に対しての対応だとは思いますが、逆に、財政的にも責任をもった施策を間にマニフェストに折り組むということは、実際にその組み込まれた項目は実現の可能性が高くなるととを意味しています。
しかし、違和感は感じながらも、財源論をも考えての医療側からも医療拡充の提案が迫られています。
by kura0412 | 2010-05-07 09:02 | 政治 | Comments(0)