これでは支持率更に低下か

普天間の危険性除去と沖縄県民の負担軽減をパッケージで考え解決したい 名護市で鳩山総理(代表)

鳩山由紀夫総理(代表)は4日夕、名護市内で記者団から沖縄日程を終えての受け止めを問われ、「県民の皆さんが(普天間飛行場の)『最低でも県外移設』を求めているという厳しさを改めて実感した。この国の平和を考えたとき、日米同盟の将来を思うにつけ、どうしても沖縄に一部負担をとの考え方をお願い申し上げた」とコメント。普天間飛行場の危険性の除去と沖縄県民の負担軽減をパッケージで考えるなかで解決していきたいと表明し、地元の理解が得られるよう、今後さらに仲井真沖縄県知事をはじめ基地が所在する市町村の首長や地元住民らとの意見交換をしっかり行っていきたいと語った。

また、同日午後には名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸域を視察に訪れたことにも言及。「まだ移設先を決めているわけではない」」としたうえで、「環境に最大の配慮していく必要がある。大事なのはこの国の環境を守りながら平和を維持していくためにどうするかということを国民全体で考えていくこと」だと強調、その先頭に立っていく決意を示した。

【民主党HP】




この発言の内容を、自らが期限を決めておきながら本当に可能なのでしょうか?それとも、まだ腹案があるのでしょうか?
いずれにせよ、まず、鳩山首相のこの問題ですることは、普天間基地付近住民の危険性を排除することであり、それと共に自分の発言に責任をもって対応することです。
by kura0412 | 2010-05-06 15:08 | 政治 | Comments(0)