会長は替わりましたが

財政審、社会保障の拡充で成長を 1年ぶり再開、議論入り

財務省は26日、税財政の在り方を議論する財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の総会と財政制度分科会を開いた。菅直人財務相は「経済成長と財政健全化を両立させる議論がいただければありがたい」と指摘。将来の増税を視野に介護、医療などの社会保障を拡充し、雇用の増加や経済成長につなげる道筋を検討するよう求めた。

財政審の予算関連の会合は約1年ぶりで、鳩山政権発足後は初めて。菅財務相は税について「負担ではなく(国民の)『分担』という意識で使い道をしっかりすれば成長につながる」と話した。地域主権を基本とした国、地方の財政制度や社会保障の在り方も議題とする。議論の取りまとめ時期や方法は今後検討する。
財政審会長には西室泰三東京証券取引所グループ会長に代わり、吉川洋東大大学院教授を選任。吉川氏は同日、記者会見で「日本の財政が厳しいのは委員の共通認識で、(新体制の)出発点だ」と語った。

【共同通信】



会長が、どこかの党の参議院会長が激怒して殴り込みかけられた方に替わりましたが、果たして政権交代になって、財政審も大きく変わるのか否か十分注視しなければなりません。
by kura0412 | 2010-04-26 16:43 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30