歯科界だけ極端に違うということはありません

鳩山内閣支持率、初めて3割を割り込む

NNNが9~11日に行った世論調査によると、鳩山内閣の支持率は28.6%と初めて3割を割り込んだ。

「鳩山内閣を支持する」と答えたのは先月より7.6ポイント下落して28.6%、「支持しない」と答えた人は先月より6.8ポイント上昇して57.5%に達した。
政党支持率は、民主党の27.4%に対して自民党が24.3%、3番手はみんなの党で5.5%、10日に旗揚げしたたちあがれ日本は0.2%となった。また、「支持なし」は29.1%に上った。
「5月末までにアメリカ軍普天間基地の移設先を決められなかった場合、鳩山首相は辞任する必要がある」は49.7%で、「辞任の必要がない」(42.6%)を上回った。
「首相として誰がふさわしいか」は、自民党・舛添前厚労相が15.4%でトップとなった。

【日テレNews24/NNN】



この世論調査の結果は各社質問事項が違うので、一概に結果だけを評価できませんが、少なくても、年初の予想のように、圧倒的に民主党支持ではなくなって、危険水位に達したことは間違いありません。これに加えて、普天間の問題が参議院選挙前に明らかになります。
参議院選挙に対しては、各都道府県連盟が対応を非常に苦慮していますが、この支持率低下を歯科界だけは極端に違うということはありません。
by kura0412 | 2010-04-12 11:54 | 政治 | Comments(0)