新党ならば議席失わず

《今日の一言〈2〉》
比例区当選者の与謝野氏は議席を自民党に返すべきだ/「比例区で当選したものが政党を移ることは有権者への背信行為だ」との伊吹文明元幹事長の批判は正論である

「是を是と謂い、非を非と謂うを、直と曰う」(荀子)

現行の法律においては、比例区当選者が当選時に存在していた他の政党へ移ることを禁止している。たとえば、比例区で自由民主党で当選した議員が民主党に移れば議員資格を失う。しかし、新党ならばこの法律の規定は適用されない。比例区の自由民主党の枠で当選した者が自由民主党を離党して新党に参加しても議員資格は失わない。ただし、これは法の抜け道にすぎない。法の精神に反することである。

繰り返すが、この行為は法の精神に反している。法の抜け穴をくぐる卑しい政治倫理に反する行為である。本来なら、比例区当選者の議員資格をもったままの離党は許されるべきではない。他の党への移るときと同様、議員資格を剥奪すべきである。本来なら、このことは政党と政治家自身が実行すべき事柄である。

与謝野氏の行動は、法の精神に照らせば許されざるものである。新党の党首には平沼氏が就任するそうだが、もしも与謝野氏が党首になるようなら、その新党は政治倫理に反する違法政党となる。
与謝野氏の行為は、健全なる政党政治のあり方にもとるものである。このことを問題にしない政治マスコミはどうかしている。堕落している。
すべての政治家は政治道義を守るべきである。与謝野氏が衆議院議員を辞職しなければ、政治の筋が通らない。

【森田実の言わねばならぬ】



民主党は駄目でも、新党ならば比例区候補でも自民党離党しても議席は失わないのが分かりました。
by kura0412 | 2010-04-09 15:43 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30