仙石大臣が医政局の組織見直しに意欲

外国人医師の規制撤廃、仙谷氏が検討表明

仙谷国家戦略相は21日、「外国人医師は、日本で改めて試験を受けないと医療行為ができない。そういうこと(規制)を取っ払うよう仕掛けないといけない」と述べ、日本の医師免許を持たない外国人医師でも一定の技術レベルが認められれば、国内で診療が行えるよう検討する考えを示した。
神戸市内で記者団に語った。
当面は「特区」や特定の医療機関に限って規制緩和を進める方向で、行政刷新会議の規制改革分科会などで検討し、政府が6月までにまとめる新成長戦略にも盛り込みたい考えだ。

仙谷氏はまた、医療行政を担う厚生労働省医政局について、「みんな無責任になっていて物事が進まない。存在が邪魔になるなら、解体しなければいけない」と述べ、組織見直しに強い意欲を示した。

【読売新聞】



この記事で注目するのは、外国人医師の規制撤廃ということよりも、仙石大臣の医政局の組織見直しへの意欲です。
果たしてこの考えにその厚労省のトップである長妻大臣、そして当事者の官僚(技官、文官)がどう反応するか?注目します。
by kura0412 | 2010-03-24 08:44 | 政治 | Comments(0)