ここでも大きく舵を切る

日医連が献金凍結 自民の要請断る

長く自民党に巨額の政治献金を続けてきた社団法人「日本医師会(日医)」の政治団体が、昨秋の政権交代以降、原則的に献金を凍結していることが、関係者の話で分かった。自民党の影響力が低下したことや、自民党に偏った政治活動に対する日医内部からの批判を考慮したとみられる。最大の献金先だった自民党の政治資金団体「国民政治協会(国政協)」への凍結も通告した。 
四月に実施される日医会長選で、親自民や親民主など路線の異なる三候補者が争う見通しで、四月以降の献金をどうするかは、新執行部が判断することになりそうだ。

日医は長年、政治団体「日本医師連盟」を通じて政治献金を支出してきた。近年の献金額は年間五億円程度で、その九割以上が自民党や同党の派閥、厚生労働族議員に渡っていた。
日医連の政治資金収支報告書によると、国政協への献金は毎年三月に行われ、二〇〇六年は一億五千万円、〇七年は二億円、〇八年は一億五千万円だった(〇九年分は未公開)。関係者によると今年一月ごろ、自民党側から例年通り国政協への献金要請があったのに対し、日医側は当面、献金を凍結する方針を伝えた。

また個々の国会議員への献金は、主に夏と年末の二回に分けて行われており、昨年末の分が凍結対象とみられる。
一方、献金とは別枠で、パーティー券の購入は継続しているという。
自民党からみると、日医連は最大の“スポンサー”。国政協の収入は毎年四十億円前後で、日医連からの献金が収入全体の5%程度、政治団体からの収入の四割程度を占める。
日医は政権交代後、医療政策に対する影響力が低下し、日医連の活動方針から「自民党支持」の文言を削るなど、政治活動の在り方を見直す動きが出ていた。

【東京新聞】



日医の会長選挙も影響あっての判断だとは思いますが、政権交代となって献金を含めて、医療の政治への関与、取り組み方が変化してきています。
自民党に対しての献金は、日歯連盟も何がしかの判断が迫られています。
by kura0412 | 2010-03-15 08:05 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30