参議院選挙ではこんな動きも

木村義雄氏が参院比例で自民公認申請へ

メールで記事を紹介印刷する一覧へ 昨夏の衆院選で落選した前衆院議員の木村義雄氏(61)が、自民党本部に今夏の参院選比例代表での公認を申請することが3日、分かった。木村氏に対しては、香川県歯科医師連盟(豊嶋健治会長)や日本保育推進連盟などが推薦を決定しているという。

木村氏は公認申請について「支持者や支援団体から厚生労働分野の代表として出てほしいとの要望を受けて決断した。現在、県内では自民党の参院議員がおらず、選挙区と合わせて2議席を獲得したい」と話している。4日に党本部へ公認を申請する予定。
一方、日本歯科医師連盟が参院選比例代表で民主党候補への支援を表明する中で、2日に木村氏の推薦を決定した県歯科医師連盟は「木村氏にはこれまでお世話になっており、参院選比例代表に出るのであれば全面的にバックアップしたい」としている。

木村氏は7期連続で衆院議員を務めたが、昨夏の衆院選香川2区で落選。現在は次期衆院選の公認候補として、同区の支部長を務めている。

【SHIKOKU NEWS】



こうゆう動きも出てきました。
他にも、衆議院選挙で落選した厚労族だった鈴木俊一元議員の比例区からの立候補報道(サンデー毎日)もあります。
by kura0412 | 2010-03-04 14:55 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30