「食べる」ということも幸福度の一つでは

「あなたは幸せ?」 新成長戦略策定へ幸福度調査

鳩山由紀夫首相は28日、菅直人副総理や仙谷由人国家戦略相、松井孝治官房副長官らと首相公邸で協議し、6月に予定している新成長戦略のとりまとめに向け、国民の「幸福度調査」を実施することを決めた。仙谷氏は「成熟社会の成長の意味を考える」としており、今後、調査の方法や項目を早急に詰める。

協議後、仙谷氏は「単なる数字のGDP(国内総生産)だけじゃない成長をどう作っていくか。そのために実感として、国民が何をどのように感じ、思っているかをどのように調査できるかを話した」と記者団に語った。
「幸福度」については、フランスのサルコジ大統領が昨年、GDPの計算方法を見直し、長期休暇や環境への貢献などの「幸福度」の指標を加える考えを表明している。

【asahi.com】



その具体的な調査項目は今後の検討課題となるのでしょうが、「食べる」「食べられる」ということも幸福度の指標になり得る一つです。
Commented by はと at 2010-03-03 12:37 x
確かにそうですね。

幸福度ナンバーワンと良く名前があがるブータンは
支配者階級が山の頂上に豪邸をたて、イタリアン家具をしつらえ
贅沢な生活をしています。

一般市民はそれを「知らない」ので幸福だと信じています。

日本がそんな国になってほしくはありません
by kura0412 | 2010-03-02 15:06 | 政治 | Comments(1)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30