参議院選挙のマニフェストに

公約修正も小沢氏主導 民主、参院選向け作業着手へ

民主党は2010年度予算案が3月2日に衆院を通過することを踏まえ、夏の参院選のマニフェスト(政権公約)づくりに着手する。政権与党として手掛ける初めてのマニフェストとなり、衆院選公約の修正や政府との調整が焦点。これまでマニフェストをまとめてきた党政策調査会は廃止したため、今回は小沢一郎幹事長率いる党幹事長室が作業を主導する見通しだ。

「マニフェストは民主党としてつくるので、政府は協力体制を組んでほしい」。民主党の高嶋良充筆頭副幹事長は23日、衆院議員会館の会議室で松野頼久、松井孝治両官房副長官と向き合い「党主導」を宣言した。協力を要請された松野、松井両副長官も了解した。近く政府と民主党の協議機関を設け、昨夏の衆院選マニフェストの点検・修正から作業に入る。

【NIKKEI NET】



民主党政権においてマニフェストのおける重要性は分かりました。
果たして、この中に具体的な施策をとう組み込ませることが出来るか否かも、7月の参議院選挙での歯科界の方向性を決める材料になります。
by kura0412 | 2010-03-01 09:00 | 政治 | Comments(0)